未分類

ダルバート食堂からの営業日程に関してのお知らせ

長期休暇頂いておりましたダルバート食堂ですが、下記の日程の通り営業再開させていただきます。また、再開と同時に夜営業も開始となります。営業形態は昼11:30~15:30L.O/夜18:00~21:30L.Oとなり、お昼は前までと同じ、夜は30分営業時間が延長しました。

■3月25日(土曜日)/26日(日曜日)→昼は通常、夜はメニュー限定での営業。
■3月29日(水曜日)/30日(木曜日)/31日(金曜日)→昼夜、通常の予定。
■4月01日(土曜日)~→通常営業

となります。3月27日(月曜日)/28日(火曜日)はお休みいただきます。
また4月以降も火曜日定休日となります。

よろしくお願いします!

ダルバート食堂、年末年始の営業のお知らせ。

冬ですね。寒いです。
今年もあと一週間ですね!皆様のおかげで大変素晴らしい1年にして頂き誠にありがとうございました!
ほんと感謝の気持ちでいっぱいです!
来年も何卒よろしくお願いします!

ダルバート食堂の年末年始の営業に関してのお知らせです。
年末は30日のランチ営業まで。年始は2日から通常営業です。

■休み
12月31日から1月1日までです。

宜しくお願いします。

ダルバート食堂、スタッフというか社員さん募集です。お願いします。

ネパールからこんにちは。突然ですがこの度、ダルバート食堂で一緒に働いてくれる仲間を募集します!とりあえず1名。夜営業もしたいし、もっとネパールを掘り下げたいので、興味ある方は下記参照の上ご連絡ください。真面目に働いてくれる方、よろしくお願いします!

■ダルバート食堂社員募集要項
・料理好き
・長期的にダルバート食堂で働いてくれる方
・性別年齢は不問
・勤務時間 基本15:00〜23:30 ※週に1日は通し勤務有り
・給料20万円+歩合
・休み 基本的に週休2日
・飲食店での調理経験者 だと嬉しいです。
・保険有り
その他
・旅好き
・長期休暇OK※最大1ヶ月程度
・有給ちょっとあり

基本的に夜営業をお任せしたいと思います。ワンオペなので大変かもしれません。
慣れるまではもちろんサポートします。
ネパール行ったことなくても大丈夫です。研修でネパールへ行っていただきますので、ネパールを好きになってもらえると思います。
働いていただけるなら、ネパール好きになるかもって方がとりあえずいいです。
ネパール行ったことがある方ならなお嬉しいです。

流れは、書類的なもの(記載必要事項は下記参照)をメールで送っていただきその後、面接と軽く玉ねぎとか切ってもらって、働いてもらえそうなら、インターン的なのをしてお互いに合うかどうか判断していただこうかなと思います。

ご興味ある方は下記ををご参照の上、メールまたはFacebookページよりご連絡ください。
一緒にダルバート食堂を通してネパールを盛り上げましょう!

■記載必要事項
※基本的に履歴書通りにおねがいします。
・名前
・生年月日
・住所
・電話番号
・学歴
・職歴
・自己PR
・志望動機
・その他何かあれば
・顔写真(なんでもいいです。これぞって思う写真でも普通のでも)

以上、よろしくお願いします!

南アジアの路地裏で、最終の提供メニューのお知らせ

10/8(土)「南インドの路地裏で」提供メニューが決定しました!!!
ラインナップは以下の通りです。

スリランカ by カラピンチャ
・イッソワデー(挽割りひよこ豆粗めペーストの揚料理/小海老入り)
・マールロティ(鯖入りスパイシーマッシュポテトのロティ包み焼き)
・アーッパ(米粉とココナッツミルク生地の薄焼き/玉子入もあり)
・ムンキャウン&コキス(ムング豆と黒糖の揚菓子&米粉生地の揚菓子)
・アンナーシ(辛みスパイスをまぶしたパイナップル)

ネパール by ダルバート食堂
・モモ(蒸し餃子/ノンベジはゴマソースで、ベジはホウレン草入生地、トマトソースで)
・マトンチョエラ(マトンのスパイスマリネ)
・シャバレ(チベット系の揚餃子)
・アルタマ(タケノコとジャガイモのスープ)
・バートマスサデコ(大豆の和え物)

南インド by ゼロワンカレー
・ミーンポリチャットゥ(魚の笹の葉包み焼き)
・フィッシュビリヤニ(ケララの屋台スタイルのビリヤニ)
・チキンウラッティヤドゥ(タマリンド&ココナッツ味のドライな鶏肉炒め)
・バダムミルクのプリン(インドの定番ドリンクデザートをプリンに)

カレー by TEAM “AIR SPICE”
・チェティナード・ブナ・マトン(南インドタミルナード州のマトンの塊肉をスパイスとハーブでドライに炒めたカレー/水野仁輔氏作)
・ムルグ・シャハジェハニ・デリー(スパイスをたっぷり使ったデリースタイルのチキンカレー/シャンカール・ノグチ氏作)

ライスはインド産バスマティライスを用意。
ドリンクは各国のビール、特製チャイ、自家製ジンジャーエール。その他アルコール、ソフトドリンク数種類用意(by Barカタカムナ)

注意:
各料理は時間帯毎に数量限定で用意しています。料理の総数は皆様のルピーを使い切るのに十分な量がございます。ルピーの追加購入も上限付きで受付けます。

それから、
12:30頃と14:30頃に水野仁輔氏とシャンカール・ノグチ氏による簡単なフリートークショーも予定しています。

南アジアの多彩な料理を一度に楽しめるおもしろ&美味しいイベントが出来そうです!
チケットは残りわずかとなりましたが、まだ店頭販売及びメール予約の受付を行っております。
詳しくは、以下アドレスのカラピンチャブログ記事にて
http://karapincha.jp/blog/?p=3734

ダルバート食堂 10月と11月のお休み

10月中旬から11月中旬までの役1か月間ちょっとネパールに行ってきます。
今回はツアーも込みとなりドキドキしています。
予定では10月17日までの営業、11月24日から営業再開を目指しています。

よろしくお願いします。

ダルバートやほかの料理いっぱい食べてきます。

img_20160920_153202
img_20160920_153340

ちなみに1月か2月ごろもネパールに1か月行きます。
よろしくお願いします!

今回のイベント『南アジアの路地裏で』について

今回、僕ら企画したイベントについての僕らの思いを少し綴ってみたいと思います。
※今回のイベントの内容に関してはこちらからご確認ください
http://dalbhat-shokudo.com/archives/880

 

最近関西ではスリランカをはじめ、南アジアのカレーが注目され、現地の人達のお店だけでなく、色々なお店でもそのテイストを取り入れたりと、良い感じにたくさんの人が南アジアを気軽に感じれるようになったなーと思っています。

 

そこで僕たち3人は、もっと南アジアの食文化を知って頂きたいという思いが以前からあったこともあり、この機会に、現地の人が食べている、俗にいう『カレー』ではないけど、普段から普通に食べている路地裏フード、ストリートフードをメインにしたイベントをしましょーっ、という流れに自然発生的になり、いろいろと企画を練り、今回のイベントを実際にしてみようということになりました。

 

今回のイベント、僕が言うのもなんですが、たぶん日本では僕らにしかできないイベントだと思っています。
何故かというと、まずこんなにうまいこと、南アジアのそれぞれの国や地方が大好きで、そしてその国の料理をしてる3人がたまたま知り合い、仲良くなって集うことが珍しいと思う。

カラピンチャの濱田さんはスリランカに関わって13年、シンハラ語を操って、どんなけスリランカ好きやねんっていつも思うし、スリランカの料理への情熱が半端ない。ゼロワンカレーのマルちゃんはまだまだこれからかもしれないけど、すごい洞察力/観察力もあり、上手に南インド、特にケララのノンベジを深く掘りさげていて、現地の料理に対して、僕の想像を超える視点から解釈していたりと、ほんとこの二人のことを尊敬しているし、影響され過ぎていて、もっと僕も頑張らなあかんなっていつもなってます。
僕は、まあネパールがむっちゃ好きだし、料理も好きだし、色々ありますが、書き始めたら終わらないので辞めときます。ただ、僕はネパールの現地の料理を、何であり、全てむちゃくちゃ好きです。嫌いも含めて好きです。そんな人あまり他に知りません。いたらほんと、一緒に現地でご飯食べに行きたいです。食べ歩きしたいです。

 

そしてそんな僕たちは、それぞれの国の食文化のことが好きで好きでたまらなく、実際に現地でずーっと感じてきたリアルな食、、、というより、それぞれがそれぞれの国自体をだいぶん好きなので、今回のイベントに関しては、ほんと僕たちの大好きな南アジアの雰囲気をすこしでも共有し、楽しんで頂ければとむっちゃ気合入っています。

要はカレーっていうのはあってないようなもので、それを含め、そしてそれを超えた、南アジアの「食文化」や南アジアの雰囲気をちょっとでも知って頂きたい。そんなのが僕たちの目的でもあります。南アジアの雰囲気を、僕たちは「食」を通して伝えれればと思います。

 

しかも今回はゲストに、昔からカレーを広げる活動をしていた、東京スパイス番長や、東京カレー番長で知られる水野さんやシャンカール・ノグチさんをお呼びし、上記のようなイベントのコンセプトに合うカレーを作って頂こうと思っています!いまからほんとワクワクします!
濱田さんはそうとう興奮しているようで、初めて買ったカレーの本を見返しているそうです!

 

また、イベント当日には、なんかちょっとした南アジアを感じれる仕掛けなんかも考えています!
それに、スリランカ、インド、ネパールのビールもご用意しています。路地裏フードにはピッタリだと思います。

 

今回は当日券は御座いませんが、それはフードの売り切れをなるべく無くしたいという思いからでもあります。
ということで準備万端でおまちしています!

 

店舗に行けない方はメール予約も承っておりますので是非、よろしくお願いします。
メール予約はこちらのアドレスより下記の項目をご記載の上、お願いします!

<メール予約申込み方法>
下記のメールアドレスに
◎希望の時間帯の番号(第3希望まで)
◎人数
◎お名前(代表者)
◎携帯電話番号
をご記入の上、以下のメールアドレスまで、Eメールをお送り下さい。

KAZEDAcurry@gmail.com

□備考□
いただいたメールに対して数日中に返信メールをお送りしまして、予約の確定とさせていただきます。
会場は広く、たくさんの方に参加していただけますが、一応先着優先で受付けまして、場合によってはご希望に添えないこともございます。ご了承下さい。
なお、携帯電話のアドレスから予約メールを送っていただく場合は、返信時にこのメールアドレスからのメールを許可する設定にしておいて下さい。
(こちらからの予約確定メールが拒否される恐れがあります。)

メールでの受付が定員に達した場合は、受付を終了させていただきます。 当日入場の際に、お名前をお聞きして、料金をいただき、1300KAZEDAルピーとドリンクチケットをお渡しします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南アジアのいい意味での良さなんかをギューって詰め込んでお届けしたいと思っているので、このイベントに少しでもご興味ある方には是非ともお越し頂きたいと思います。
僕たち日本人だからこそ、南アジアを俯瞰で見れると思います。色々な民族/宗教を隔たりなく、ノーボーダー、ノーコミュニティーじゃないと見れないその国のリアル。そして今回のイベントはまさにその視点から、食文化にフォーカスしてお届けしたいと思います。

 

たぶん、このイベントにご参加下さったお客様は、イベント後、確実に南アジアに行きたくてうずうずしていることだろうと思います。
※ちなみに、もしネパールに行きたくなれば、11月に僕も参加する現地ツアーの企画もあるのでお気軽に言うて下さいね!
詳細は→http://dalbhat-shokudo.com/archives/817

 

てな感じで是非ともこのイベントをよろしくお願いします!
そして、僕たちのありったけの南アジアへの愛を感じてください!
てかこうなったら、バングラディッシュ料理とか、パキスタン料理とかがっつりしている方々を集めて、南アジアを網羅したくなってきました!

 

最後に、下記にて以前3人で行った、ネパール・南インド・スリランカのちょっとしたこのイベントテーマっぽい画像貼っておきます。
よろしければご覧ください!

文章長くなってすみません!まだまだ熱くて伝えたいこと沢山ありますがこのへんで!
ここまで読んで下さった方々、ありがとうございます!

●ネパール

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

 

●南インド

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

 

●スリランカ

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

 

「南アジアの路地裏で」で作る「モモ」を紹介します。

10月8日(土)。風だ(仮)「南アジアの路地裏で」with 水野仁輔&シャンカール・ノグチ」にてお出ししようと思っている料理のひとつを紹介します。

ネパールでよく食べられている「モモ」。
これは、まさしくネパールの国の代表食といっていいと思います!
そもそもネパールは中国とインドに挟まれた小国。
その影響を一番受けていそうな料理がモモです。

外見は小籠包みたいで、中の具材にはスパイスが効いていて、色々なソースで食べられています。

写真 2 (7)

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

10345840_809209372469546_3695553527814970353_n

 

上記のような感じです。
他にも最近ではほうれん草を生地に練りこんで、中にはチーズを入れたモモや、
トマトチーズを中に入れたモモや、多種多様なモモが次々に開発されてきています!
包み方も大きく2タイプのゴロ(丸い)とラモ(長い)、あと稀にでてくる2タイプでベジ用とオープンモモって言われている包み方もあります。

今回は、普通のと、そういったちょっと違ったモモと、2種類作ろうかなと思っています!

よかったら、是非試しにお越しください!

14081320_1121129104639094_1800802427_n

チケット、各店にて販売中です。
よろしくお願いします。

詳細は↓よりご確認いただけます。
http://dalbhat-shokudo.com/archives/880

よろしくおねがいします!

 

ダルバート in NEW YORK !!

お久しぶりです。
今、ニューヨークに来ています。

image

調べると、なんとネパールコミュニティもあるらしく、
それならば、ニューヨークでのネパール飯はどういう風になっているのか調査したくなったので
行ってきました。

image

image

image

image

image

ニューヨークのクイーンズのジャクソンハイツってとこです!!
ちなみに、インド、ムスリム、中国、タイ、韓国、ラテン系のコミュニティがある場所でもあり、
人種のるつぼ感がとてもよかったです!
ニューヨークで1番興奮した場所でした!

んで、調査開始!
まずはラリグラスというお店。
大衆食堂的な。

image

とりあえずダルバート

チョエラのダルバート
※1番上奥がチョエラ。カレースープ付き
image

骨付き山羊肉のダルバート
image

むちゃくちゃうまい!
いや、ほんと、こんなに美味しいとは思いませんでした!
ネパールでも中々の上位ランクに入ってくる美味しさ!

ダルが美味しければそれだけでごはんがすすむ。。。
これは、再確認ですが、自分も見習わなければとなりました。

お次はムスタンタカリキッチン!
名前だけでおいしそ!

image

店内
image

チキンダルバート
image

こちらのダルはムスタンって割にはカトマンズに近い気もしますが、美味しい!
チキンがかなり大きなゴロゴロタイプ。

いや、ほんとニューヨークのダルバート舐めてました。
負けてられない、もっと頑張らなければ、となりかなり刺激受けました!

ネパールを離れたとこで発展するネパール料理。
これからも調査したいです!

ちなみに今回行けませんでしたが、
ヒマラヤン ヤク
ここも有名店らしく、美味しいらしいです。
image

ネパーリバンチャガル
image

チベットのお店
image

モモもある屋台!
中華屋なのにモモって!
image

てな感じでした!
とりあえず明日からはメキシコ!

精一杯楽しんできます!
では!

ダルバート食堂 12月のお休み

少し早いですが、12月の休みのお知らせです。

11月30日より12月15日まで、南アジア研修行ってきます。
予定では、ネパール・南インド・スリランカです。
いろいろと勉強してきます。

大変申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

 

12月休み